トライスティックでサバイバルナイフの練習

6種類のナイフカットの練習ができるトライスティック作りはブッシュクラフト初心者におすすめのナイフ練習

ブッシュクラフトを楽しむには欠かせないサバイバルナイフ。普通の生活をしているとブッシュクラフトで使うサバイバルナイフを触る機会はほとんどないですよね。

今回ご紹介するトライスティック作りは、6種類のナイフを使ったカットの練習ができるのでブッシュクラフト初心者におすすめのサバイバルナイフ練習方法です。

サバイバルナイフと木の棒があれば練習ができるトライスティック作りは雨の日や森に行く時間がない日に最適なブッシュクラフト練習方法。ぜひご活用ください。

エンドカットでサバイバルナイフ練習

エンドカット加工した枝
エンドカットは木の枝の先端を丸みを帯びた平らにカットする加工法。タープやテントを固定するためにはロープと杭(ペグ)を使いますよね。

その杭(ペグ)がない時に森に落ちてる枝を使って自作することができます。片方の先端をエンドカットすることでハンマーや石、木などで叩いても杭(ペグ)が割れることなく地面に刺さります。

エンドカットの作り方
エンドカットをする時は周囲に人がいないか安全を確かめてから行いましょう。ナイフと枝を体(胸あたり)に近づける。ナイフの刃は体の反対側に向け、切る時は刃先を外に向かって動かします。

サバイバルナイフでエンドカット練習
枝の先が丸みを帯びた平らになるまで枝を回しながらエンドカットを続けていくとエンドカット処理が完成します。

ラッチノッチ(スティックノッチ)でサバイバルナイフ練習

ラッチノッチ加工した枝
ラッチノッチ(スティックノッチ)はロープと杭(ペグ)を引っ掛ける時に使う加工法。ロープ以外にも物を引っ掛ける必要がある時に使えるカットです。

サバイバルナイフでラッチノッチ作り
サバイバルナイフを枝に垂直にあて、サバイバルナイフの背を棒で叩いて切り込みをいれます。


以前、大工さんから聞いたんですが作業中に怪我をしてしまうのは体のバランスが崩れてしまうから、要は、作業する体制が整っていないのに無理やり作業をした結果、足が滑ったり、手が滑ったりして刃物で体を傷つけてしまうことが多いと聞きました。

なので、サバイバルナイフだけでなくブッシュクラフトで危険な作業をする時は、作業をする体制やフォームが取れているかバランスを確かめながらゆっくりと作業をしましょう。


枝に垂直に切り込みが入ったら、切込みに向かって何度か斜めにサバイバルナイフの刃を入れてラッチノッチ(スティックノッチ)の完成です。

Vノッチでサバイバルナイフ練習

V
カットノッチ加工した枝
Vカットノッチは枝に対して左右からサバイバルナイフで斜めにカットを入れた加工法。

Vカットノッチの作り方
枝に対してサバイバルナイフで斜めにカットを入れます。反対からも同様に斜めにサバイバルナイフでカットを入れます。

Vカットを作る
左右から一回ずつサバイバルナイフを入れた後の様子がこちら。切り込みの中心がきれいに仕上がっていないので何度か左右からサバイバルナイフを入れ続けます。

Vノッチ加工を斜めから見る
左右からサバイバルナイフで斜めにカットを入れた中心がきれいに仕上がるとVノッチカットの完成です。

スクエアノッチでサバイバルナイフ練習

スクエアノッチ加工した枝
スクエアノッチは枝を平らに削るサバイバルナイフを使った加工技術です。ログハウスを立てる時に使われたノッチで木と木を組み上げる時にそれぞれの木が動かないように固定する事ができます。

スクエアノッチを使ったコテージ
こちらは私が運営している淡路島マンモスのログハウスです。丸太と丸太がクロスしている所でスクエアノッチが使われています。

スクエアノッチを作る方法
スクエアノッチを作るには枝にサバイバルナイフで2本の切り込みを入れます。切り込みを入れる方法はラッチノッチと同じ方法でOKです。

スクエアノッチ切り込みを入れる
サバイバルナイフで2本の切り込みを入れた後は、2本の切り込みの真ん中からそれぞれの切込みに向かってラッチノッチを作っていきます。

スクエアノッチの完成
左右に切り込みが入ったら、最後に真ん中の部分をサバイバルナイフで平らに切り取りスクエアノッチの完成です。

ポットフックノッチでサバイバルナイフ練習

ポットフックノッチ加工した枝
焚き火で料理をする時、ガスやIHの様に火や電気の量を調節することはできません。火と鍋の距離を調節して温度を調節します。

そんな時に役立つのがポットフックノッチ。ポットクレーンやクッキングトライポッドにポットフックノッチを付けると焚き火の炎を上手に使って料理をすることができます。

ポットフックノッチの作り方
枝にサバイバルナイフでXの切り込みを入れます。切り込みの入れ方は、ラッチノッチやスクエアノッチで行ったようなスタイルでOKです。

ポットフックノッチのカット方法
切り込みXの下からXの中心に向かって、ラッチノッチを作ったときの様に斜めにサバイバルナイフを入れます。

ポットフックノッチの仕上げ
最後に残った▽逆三角形以外の部分をきれいに切り取りポットフックノッチの完成です。

テークポイントカットでサバイバルナイフ練習

テークポイントカットの作り方
写真右下に写っている先を尖らせたカット。これがテークポイントカットです。太い鉛筆をサバイバルナイフで削る様な感覚で作れるテークポイントカットは、エンドカット・ラッチノッチと合わせて使うことで枝の杭(ペグ)を作ることができます。

テークポイントカットの練習
枝の先を鉛筆を削るようにサバイバルナイフでカットするとテークポイントカットの完成です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です